第72回秋季県高校野球大会は6日、ゼットエーボールパーク(市原市)で決勝があり、今年の春夏甲子園に出場した習志野が拓大紅陵を14-3で破り、6年ぶり9回目の優勝を決めた。両校は19日から群馬県で開かれる関東大会に出場する。

 習志野は一回、和田泰征選手(2年)が二塁打で出塁すると、角田勇斗主将(同)のスクイズで先制した。1-1で迎えた三回は打線が爆発。和田選手の適時二塁打で勝ち越すと、2死2、3塁から高橋雅也選手(同)の適時打、同じく2死2、3塁から飴谷廉広選手(1年)の2点適時打などでリードを7点に広げた。その後も得点を重ね、試合の主導権を渡さなかった。

 拓...    
<記事全文を読む>