秋季兵庫県高校野球大会(神戸新聞社後援)最終日は6日、明石トーカロ球場で決勝があり、前回3位の報徳が5-1で3連覇を目指した明石商を退け、6年ぶりの優勝を果たした。

 報徳は一回、三宅、吉村の連打と犠打で2死二、三塁とし、黒田の適時二塁打で2点を先制。二回は三宅の適時三塁打とスクイズで2点を加え、七回にも1点を追加した。明石商はエース中森が四回途中まで投げ、被安打6、4失点で降板。攻めては七回、中野の内野安打で1点を返すにとどまった。

 3位決定戦は前回準優勝の神戸国際大付が8-5で長田に勝利。明石商と報徳、神戸国際大付の上位3校は、来春の選抜大会出場校選考の重...    
<記事全文を読む>