(第4週・安濃球場)
三重学生野球の秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は5日、鈴鹿大―皇學館大、近大高専―三重大の各2回戦があった。皇學館大は、鈴鹿大を7―1で退けて1勝1敗とし、3季連続のリーグ優勝に望みをつないだ。3回戦は12日午前10時から津球場で行われる。

三重大は近大高専を10―1の七回コールドで下して2連勝した。三重大は勝ち点2(通算成績6勝4敗)、近大高専は勝ち点0(通算成績8敗)で今季を終えた。

6日は安濃球場で皇學館大―四日市大の3回戦が行われる。5日現在リーグ首位の勝ち点3で、全ての大学・高専から勝ち点を奪う完全優勝に王手をかけている四日...    
<記事全文を読む>