◆東海大相模12-1相洋

 高校野球の秋季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第7日は5日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合を行い、東海大相模と桐光学園が決勝進出を決め、19日から群馬県で行われる秋季関東大会の出場権を獲得した。東海は2年ぶり20度目、桐光は2年ぶり6度目の出場。

 東海は初回に西川僚祐(2年)、二回には鵜沼魁斗(同)がそれぞれ適時二塁打を放ち計3点を奪うと、八回は西川の3ランなどで一挙6得点。エース諸隈惟大(同)が7回無失点に抑え、主導権を握った。

 最終...    
<記事全文を読む>