秋季兵庫県高校野球大会(神戸新聞社後援)第7日は5日、明石トーカロ球場で準決勝があり、第2試合は延長十回の末に報徳が2-1で長田にサヨナラ勝ちし、3年ぶりの決勝進出を決めた。報徳は来春の選抜大会出場校の選考資料となる秋季近畿地区大会(19日開幕・奈良県佐藤薬品スタジアム)に出場する。

 報徳は延長十回、先頭中山の左前打と犠打、南條の内野安打で1死一、三塁とし、下井田の犠飛で決勝点を挙げた。

 最終日は6日午前10時から明石トーカロ球場で、近畿大会出場の残り1枠を争う神戸国際大付-長田の3位決定戦があり、続いて明石商-報徳の決勝を行う。決勝で両校がぶつかるのは4年...    
<記事全文を読む>