第141回秋季北信越高校野球大会の組み合わせ抽選会は4日、金沢市内で開き、別表の通りに対戦相手が決まった。

 県大会を2季ぶりに制した上田西の初戦は、12季ぶり6度目の出場となる津幡(石川4位)。勝てば準々決勝は北陸(福井3位)―北越(新潟1位)の勝者と戦う。

 3季ぶりに出場する佐久長聖(長野2位)は、信州工(現東京都市大塩尻)OBの吉野公浩監督の下で初出場を果たした新潟産大付(新潟2位)と対戦。突破すれば金沢商(石川3位)―高岡向陵(富山1位)の勝者とぶつかる。

 10季ぶりの出場を果たした長野日大(長野3位)は敦賀(福井2位)に勝つと、高岡第一...    
<記事全文を読む>