来春の甲子園大会につながる第141回北信越地区高校野球大会(2019年秋季、10月12日~20日・石川県の3会場で開催)の組み合わせ抽選会が10月4日、石川県金沢市内で行われ、出場16校の対戦相手が決まった。福井県1位代表の敦賀気比は加茂暁星(新潟3位)、2位の敦賀は長野日大(長野3位)、3位の北陸は北越(1位)と対戦する。

 1回戦はいずれも12日で、秋季福井県大会を制した敦賀気比は午後2時から石川県立野球場で加茂暁星と、敦賀は午前10時から弁慶スタジアム(小松市)で長野日大と対戦。北陸の試合は金沢市民野球場で午前11時半からで北越と初戦を迎える。今夏の甲子園準優勝の星稜...    
<記事全文を読む>