高校野球の秋季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は5日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合を行う。第1試合は相洋-東海大相模(試合開始午前10時)、第2試合は三浦学苑-桐光学園(同午後0時半)。上位2校に与えられる、来春の選抜大会の選考資料となる関東大会(19日から群馬県)の出場権を獲得するのはどのチームか。第1試合を展望する。

 相洋 「打倒サガミ」に執念
 東海大相模 打線好調、投手も盤石

 今夏の神奈川大会を制した東海大相模が投打に充実している。相洋は今夏を経験する本田-加藤のバッテリーを中心にロースコアの展開に持ち込みたい。昨...    
<記事全文を読む>