第141回北信越地区高校野球大会(2019年秋季)の組み合わせ抽選会は10月4日、石川県内のホテルで行われる。同大会は、来春の選抜大会出場の重要な参考資料になる戦い。福井県、石川県、富山県、新潟県、長野県の出場校16校がどのようなゲームを繰り広げるのか、注目が集まる。

 福井県代表は敦賀気比(1位)、敦賀(2位)、北陸(3位)の3校。春秋通算の北信越大会出場は、敦賀気比は2季連続33度目、敦賀は06年春以来33度目、北陸は17年秋以来26度目となる。

 開催県となる石川県からは4校が出場。県大会を制した星稜(1位)のほか、日本航空石川(2位)、金沢商業(3位)、...    
<記事全文を読む>