日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 兵庫県内の高校生は2人が届け出た。明石商の水上桂捕手は、投手の魅力を引き出す優れたリードと巧打でチームの春夏連続となる甲子園4強に貢献。夏の甲子園大会後には高校日本代表としてU18ワールドカップ(W杯)に出場した。神戸弘陵の山河楓内野手は身長180センチ、体重88キロの恵まれた体格を武器に、高校通算38本塁打をマークした大型スラッガーだ。

 兵庫関...    
<記事全文を読む>