プロ志望届の締め切り(3日)を前に、野球の高校日本代表、佐々木朗希(大船渡高3年)がプロ挑戦の意向を固めて志望届を提出した。2日の会見では「大船渡の代表、気仙地域、岩手の代表として頑張っていきたい」と意欲を示した。ドラフト会議は17日に実施。既に日本ハムが1位指名を公言するなど複数球団の1位指名が濃厚だ。

 「恩返し」の舞台に選んだのは日本プロ野球だった。佐々木朗希は地元の応援や震災支援への感謝を何度も語りながら、一方で球界の頂点を目指す強い気概も感じさせた。

 会見途中に「緊張してますか」と質問されて、ようやく笑顔を見せた。夏の岩手大会から髪が伸び、学生服姿で...    
<記事全文を読む>