指導者による体罰問題に揺れた横浜高校(横浜市金沢区)野球部が30日、新たな局面を迎えた。10月1日付で同校の葛蔵造校長(61)が部長に就任することが決定。同校長は「私が自ら携わることでその責任を果たしていきたい」と異例の人事で“幕引き”を図る考えだが、学校側の責任の所在などは不透明で、名門野球部の前途は多難だ。

 5日ぶりの練習再開を待ちわびていたナイン。30日午後、同校の長浜グラウンドで、スーツ姿に野球帽をかぶった葛校長が約40人の部員を集め、「今後は私が部長を務めます」と宣言し、拍手で迎え入れられた。

...    
<記事全文を読む>