春夏5度の甲子園優勝を誇る横浜高校(横浜市金沢区)野球部の部長に葛蔵造校長(61)が就任したことが30日、分かった。同日午後2時半頃に同校長浜グラウンドを訪れ、活動自粛から練習を再開する約40人の部員を集め、自ら発表した。野球帽をかぶって決意を表明すると、拍手で迎え入れられた。

 部員に対する暴言、暴力行為が認められた金子雅部長(42)、平田徹監督(36)は28日付けで解任され、高山大輝コーチ(28)が監督代行を務めることが発表されていた。葛校長兼野球部長はあいさつを終え、取材に応じ、「今回の責任を取って私が野球部を見守ることに決めた。私自身の決断。選手と積極的に...    
<記事全文を読む>