秋の北信越地区高校野球福井県大会最終日は9月29日、県営球場(福井市)で決勝と3位決定戦を行う。決勝は、秋の大会では4年ぶりの頂点を目指す敦賀気比と36年ぶりの優勝を狙う敦賀が戦う。

⇒勝ち上がり表はこちら

 シード校の敦賀気比は、1回戦から3試合連続のコールド勝ち。北陸との準決勝では、エース笠島尚樹が要所を締めるピッチングで完投勝利を挙げた。打線は13安打を放ち好調で、決勝も投手陣を援護したい。

 対する敦賀はノーシードから勝ち上がった。準々決勝は1点差で接戦を制し、羽水との準決勝ではスクイズで先制点を挙げるなどし3ー1で逃げ...    
<記事全文を読む>