1点を巡る攻防の幕切れは思わぬ形で訪れた。4-4で迎えた九回裏、藤枝明誠に巡ってきた一打サヨナラの場面だ。
 1死一、三塁でベンチからのサインはスクイズ。ここで加藤学園のバッテリーは2球連続で高めに外してきた。「やばい」。飛び出した三走宇井は三本間で挟まれ、好機はつぶれたかに見えた。
 ところが相手捕手の三塁送球が、苦し紛れに走り出した宇井の太ももに当たり転々とファウルゾーンへ。宇井は一気に本塁を突き、熱戦に終止符を打った。
 チームは立ち上がりから加藤学園の好投手肥沼を攻略。六回に3点差を追い付かれても慌てず、想定内の「終盤勝負」をものにした。運も味方に...    
<記事全文を読む>