東海大会出場を決める戦いで、チームが一つになった。静岡商は県大会の全試合を完投し、投打でけん引してきたエース高田を野手が救った。
 下位打線が奮起した。六回、2死から河村が「出塁を心掛けた」と2本目の安打でチャンスメーク。続く塚本理が初球の直球を左中間へはじき返した。「役割を果たせた」と適時打で打線に火を付けた。七回に貴重な適時二塁打を放った鈴木は「何とかして(高田)琢登を助けたかった」と胸を張った。
 伝統の堅守も光った。「守備も粘り強く一つ一つアウトを取ってくれた」と高田監督。聖隷クリストファーの準決勝を映像で確認し、各打者の特徴を研究して野手はポジションの位置...    
<記事全文を読む>