高校野球の第72回秋季関東地区大会群馬県予選は28日、桐生球場で準決勝2試合を行い、前橋育英が5―0で健大高崎を、桐生第一が14―0の五回コールドで樹徳をそれぞれ下し、決勝に進んだ。育英は2年連続10度目、桐一は2年連続14度目の関東大会出場を決めた。

 昨年と同一カードとなった決勝は29日正午(予定時刻)から、同球場で実施。3位決定戦も午前9時半から行われ、残り1枚の関東切符を懸けて樹徳と健大高崎が戦う。関東大会(10月19日開幕)は群馬県開催のため、例年より1枠多い上位3校が出場できる。

...    
<記事全文を読む>