第72回秋季東北地区高校野球県大会は第9日の28日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で準決勝2試合が行われ、鶴岡東と日大山形が決勝進出を決めた。両校は来月11日に岩手県で開幕する東北大会の出場権を獲得。同大会への出場は鶴東が3年ぶり11回目、日大は2年ぶり27回目となる。

 初回に先行した鶴東は先頭打者山路将太郎らを中心に打線が奮起。三回までに9点を奪ったほか、四回には本塁打を放ち東海大山形に16―2のコールド試合で勝ち上がった。日大は山形中央から11安打を放つものの最終盤まで拮抗(きっこう)した展開を強いられたが、2―2の九回...    
<記事全文を読む>