第72回秋季東北地区高校野球県大会は第9日の28日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で準決勝2試合が行われる。4強には鶴岡東、東海大山形、日大山形、山形中央が進んでいる。

 第1試合は鶴東―東海大。鶴東は好調の2番野川大輔らで打線の流れを作り、2試合ともに2桁得点。準々決勝では18安打を放ち、危なげなく勝ち上がった。失策ゼロと守備の堅さもある。東海大は3連覇を目指した酒田南を1回戦で破り勢いがある。エース畑中悠哉を中心に夏の全国選手権山形大会で主力だったメンバーが多く残る。今夏の王者に経験値の高い東海大が挑む構図だ。<...    
<記事全文を読む>