来春の選抜大会につながる第72回秋季高校野球静岡県大会最終日は28日、草薙球場で決勝と3位決定戦を行う。決勝は、3年ぶりの東海大会出場を決めた藤枝明誠(中部4位)と、18年ぶりの加藤学園(東部3位)が激突。残り1枠の東海切符を懸けた3位決定戦は聖隷クリストファー(西部5位)と静岡商(中部2位)が対戦する。
 藤枝明誠は勝ち上がるごとに打線につながりが出てきた。1番中沢、4番村松、6番斎藤を軸に上位から下位まで穴がない。投手は大石、小林の左右2本柱。継投のタイミングが鍵になりそうだ。
 加藤学園は島田商、常葉大菊川、静岡、静岡商と強豪を連破して波に乗る。1回戦以外は全...    
<記事全文を読む>