秋の北信越地区高校野球福井県大会は9月25日、福井県内2会場で準々決勝を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、北陸が11-1で坂井に七回コールド勝ちを収め準決勝進出。北陸は打線が爆発し、捕手杼木誠太朗の5打点の活躍などでシード校を圧倒した。

北陸
303 201 2…11
000 010 0…1
坂井

■北陸 印牧光希、江口寛太―杼木誠太朗
■坂井 大矢場廉弥、山下翔也―島田源大

 

 北陸は一回、岸本清也、水町達哉のヒットと死球で2死満塁とすると、杼木誠太朗が走者...    
<記事全文を読む>