5年ぶりの東北大会出場を懸け、満を持してマウンドに上がった東日大昌平のエース大内弘也(2年)。勝利をもたらすことができず「ふがいない」と反省の言葉が続いた。

...    
<記事全文を読む>