学法福島が終盤に粘りを発揮し、福島成蹊に3―2でサヨナラ勝ちした。

 相次いで強豪校を破り、快進撃を続けてきた福島成蹊が最後の最後で力尽きた。県北支部大会で敗れた相手に決勝で2度目の敗戦。主将の上遠野浩輝(2年)は「倒したかった」と悔しさをにじませた。

...    
<記事全文を読む>