来年春の選抜高校野球大会につながる第72回秋季東海地区高校野球県大会第4日は24日、県営松阪球場で準決勝2試合があった。津商と近大高専が28日の決勝と、センバツ出場校選考の重要な資料になる東海大会(10月26日開幕・岐阜県)進出を決めた。

津商は7年ぶり3回目、近大高専は初めての秋の東海大会出場。県内からは3校が東海大会に出場し、残る1校は28日の3位決定戦の勝者となる。

津商は松阪商に3―1で逆転勝ち。1点を追う七回3番西川天満からの3連打や敵失で2点を奪い逆転。初戦の2回戦、準々決勝と2戦連続完投勝利の1年生右腕出口慶人がこの日も1失点完投で勝利に貢献した。...    
<記事全文を読む>