秋季北信越地区高校野球県大会は二十三日、金沢市の県立野球場で準決勝二試合があり、三連覇を狙う星稜と、三年ぶりの優勝を目指す日本航空石川が決勝に進出した。星稜は金沢商と接戦の末、3-0でサヨナラ勝ち。日本航空石川は津幡に7-0で快勝した。決勝は二十四日午後一時から、県立野球場で行われる。決勝に先立ち、同日午前九時から津幡-金沢商の三位決定戦がある。

金沢商米沢 8K力投

 ◇…星稜がサヨナラで金沢商との接戦を制した。

 星稜は0-0の九回1死一、二塁から、中田の3点本塁打で試合を決めた。先発寺西は二...    
<記事全文を読む>