【秋の北信越地区高校野球福井県大会2回戦 坂井2―1啓新】勝利への執念が劇的な結末を呼び込んだ。中盤まで劣勢だった坂井は八回に追いつくと、勢いそのままにサヨナラ勝ち。高村虎太朗監督は興奮気味に「本当に選手がよく頑張った。こいつらすごいですね」とナインをほめたたえた。

 「泥臭く、足を使って1点を取りにいく」(山口信太主将)というチームの本領を土壇場で発揮した。1―1の九回。先頭の三井勇輝が三塁線ぎりぎりに転がすセーフティーバントで出塁すると、指揮官は迷わず盗塁のサインを出した。三井は「(四回に)けん制死しているので怖かったが、自分の武器をみせる場面」と快足を飛ばし二塁を陥れ...    
<記事全文を読む>