(秋季埼玉県大会 23日・市営大宮ほか)
 
 4球場で2回戦の残り8試合を行い、ベスト16が出そろった。

 川口青陵は8―2で西武文理を下し、11年ぶりに16強入り。川越東は狭山ケ丘に10―3で八回コールド勝ちし、川口市立、熊谷工はともに延長戦を制した。このほか、埼玉栄、聖望学園、浦和、西武台が勝ち進んだ。

 25日に3球場で3回戦8試合が行われ、ベスト8が決まる。

...    
<記事全文を読む>