秋季県高校野球大会は二十二日、富山市五福の県営富山野球場で準決勝二試合があり、高岡向陵が未来富山に10-0で五回コールド勝ち、高岡商業が高岡第一に4-3で競り勝ち、決勝に進んだ。両校は北信越大会への出場が決まった。決勝と北信越大会への残り一枠をかけた三位決定戦は二十八日、同球場で行われる。(山岸弓華)

未来富山にコールド高岡向陵

 高岡向陵が13安打で毎回得点し、未来富山を突き放した。一回に平瀬駿介主将(二年)の中前適時打などで2点を挙げ、四回には失策を絡めた連打で6点を奪った。先発の宝里弘人投手(一年)が好投し、未来富山...    
<記事全文を読む>