高校野球の秋季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第6日は22日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準々決勝2試合が行われ、三浦学苑が3-0で立花学園を下し、前身の三浦時代以来となる55年ぶりのベスト4入りを決めた。今夏4強の桐光学園も3-0で横浜を破り、2年ぶりの準決勝に進んだ。一方、昨秋の王者・横浜の2年連続での選抜大会出場は絶望的となった。

 三浦学苑はエース右腕長谷川翔(2年)が9回を5安打無四球で完封。打線も小刻みに得点して突き放した。

 桐光学園はエース左腕安達壮汰(同)が決勝打となる先制の適時打を放ち、投げては9回6安打完封...    
<記事全文を読む>