秋季県高校野球選手権は最終日の22日、青森市の県営球場で決勝と3位決定戦を行った。決勝は青森山田が弘前東を6-3で破り、2年ぶり9回目の優勝を飾った。3年連続で決勝に進んだ弘前東はまたも、初優勝の夢を阻まれた。3位決定戦は東奥義塾が八工大一を5-3で下し、2006年春季以来の東北大会出場を決めた。来春の選抜高校野球大会(センバツ)選考につながる東北大会は10月11日から岩手県で開かれる。

...    
<記事全文を読む>