秋季東北地区高校野球県大会最終日は22日、仙台市民球場で3位決定戦と決勝があり、仙台育英が8年連続23度目の優勝を果たした。3位決定戦は仙台城南が制し、初の東北大会進出を決めた。
 仙台育英は五回、打者一巡の猛攻で一挙7点を奪うなどして、仙台商を12-1で破った。仙台城南は序盤から得点を重ね、古川工を14-7で下した。
 仙台育英、仙台商、仙台城南は、10月11日から16日まで盛岡市などで行われる東北大会に出場する。

◎5回に打線爆発

 ▽決勝
仙台商 001000000-1
仙台育英00007032&...    
<記事全文を読む>