(21日・県営大宮ほか)

 1回戦3試合を行い、開幕した。西武台が浦和実に5―0で快勝。一回に先頭から5連打などで3点を先行し、七、九回にも1点ずつ加点。エース左腕増田が8安打を許しながらも完封した。

 埼玉栄は7―0で市川越を下した。先発した左腕田村が4安打完封し、打線も14安打を放った。立教新座は14―3で鷲宮に六回コールド勝ちした。

 22日は県営大宮など4球場で2回戦8試合を実施し、花咲徳栄、昌平、浦和学院、春日部共栄のシード勢が登場する。

■22日の試合

【県営大宮】
▽2回戦
花咲徳栄―秀明英光...    
<記事全文を読む>