初回の得点で主導権を握った学法福島がふたば未来を4―0で下した。

 2死一、二塁で回った初回の打席、学法福島の梅田誉希(ほまれ)(2年)は「自分で決める」と高めに浮いた直球を振り抜いた。打球は左翼手の頭上を越え、走者一掃の2点適時三塁打。味方ベンチに向けたガッツポーズは仲間への感謝の表れだった。

...    
<記事全文を読む>