中盤の集中打で逆転した東日大昌平が光南を8―4で退けた。

 5回に勝ち越しの2点適時打を放ち、勝利を呼び込んだ東日大昌平の黒沢武(2年)は「自分の一打で流れが変わってうれしかった」と安堵(あんど)の表情で振り返った。

...    
<記事全文を読む>