序盤のリードを守った磐城が5―1で須賀川を下した。

 磐城が秋の県大会で12年ぶりの4強入りを果たした。「初回から良い形で入れた。打線の援護もあって最後まで楽しく投げられた」。内角低めのスライダーで最後の打者を打ち取とると、マウンドの先発沖政宗(2年)は小さくガッツポーズした。

...    
<記事全文を読む>