来年春の選抜高校野球大会につながる第72回秋季東海地区高校野球県大会は第3日の21日、ダイムスタジアム伊勢など2球場で準々決勝4試合があり、三重、近大高専、松阪商、津商がベスト4入りした。

このうち上位3校が東海大会に出場出来る。3季連続の甲子園出場を目指した津田学園は津商に敗れ、東海大会進出を逃してセンバツ出場が絶望的になった。

三重は2―2で迎えた延長十回代打栗山湧の2点適時打で粘る宇治山田商を4―2で退けた。近大高専はいなべ総合を延長13回タイブレークの末、3―2で下して、1番打者、投手で先発した白石晃大が8安打7四死球5奪三振で完投。

菰野を3...    
<記事全文を読む>