来春の選抜大会につながる第72回秋季高校野球静岡県大会は21日、草薙、清水庵原球場で準々決勝を行い、4強が出そろった。加藤学園(東部3位)は1年の代打吉田光輝の殊勲打で今夏の覇者、静岡(中部1位)にサヨナラ勝ちして2年連続の4強入り。藤枝明誠(中部4位)は序盤の集中打で主導権を握り、沼津東(東部2位)の反撃を振り切った。聖隷クリストファー(西部5位)と静岡商(中部2位)はそれぞれコールドで準決勝に進出した。静岡商は6年ぶり、藤枝明誠と聖隷は3年ぶりの4強。大会第4日は22日、草薙球場で準決勝を行う。

 21日の結果(準々決勝)
 ▽清水庵原球場
<記事全文を読む>