▽準決勝
仙台商000230100-6
古川工000001301-5

 【評】仙台商が逃げ切った。四回、佐藤の右前打で2点を先取すると、五回も佐藤の適時打などで3点、七回にも佐藤の中犠飛でリードを広げた。古川工は七回に板垣の適時打などで2点差とし、九回は斎田の適時打で1点差まで迫ったがあと一歩届かなかった。12残塁が痛かった。

 ○…斎が要所締めて完投 仙台商の先発斎は13安打を浴びながらも要所を締めて145球完投。九回は1点差まで迫られ、なおも2死満塁のサヨナラ機。代打佐々木徳はカウント2-2から高めのスラ...    
<記事全文を読む>