秋季東北地区高校野球県大会第6日は21日、仙台市民球場で準決勝2試合があり、仙台商と仙台育英が勝って東北大会出場を決めた。仙台商は19年ぶり5度目、仙台育英は8年連続33度目。敗れた古川工と仙台城南は3位決定戦に回り、最後の東北大会出場枠を争う。
 仙台商は古川工との接戦を6-5で制した。仙台育英は9-0で仙台城南にコールド勝ちした。
 22日は同球場で3位決定戦と決勝を行う。雨の予報を考慮し、開始時刻を1時間30分繰り上げる。

...    
<記事全文を読む>