秋季県高校野球大会は21日、県営大宮と市営大宮で1回戦計3試合が行われ、開幕する。上位2校に与えられる秋季関東大会(10月19~21、26、27日・群馬)の出場権を懸けた熱戦が繰り広げられる。

 埼玉栄―市川越、浦和実―西武台の1回戦は実力校同士がぶつかる好カード。昨秋4強の立教新座は、鷲宮の挑戦を受ける。花咲徳栄、昌平、浦和学院、春日部共栄のシード勢は22日の2回戦から登場する。

 順調に日程を消化すれば、決勝は10月6日に県営大宮で行われる。

■21日の試合

【県営大宮】
▽1回戦
埼玉栄―市川越(10時)
<記事全文を読む>