来春の選抜甲子園の重要な選考資料となる高校野球の第72回秋季関東地区大会群馬県予選は21、22の両日、桐生球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まる。

 西毛リーグを制した健大高崎は、ノーシードから勝ち上がった前橋商と激突。4年連続で夏の甲子園に出場した前橋育英は、創部初の関東出場を狙う伊勢崎清明と対決。桐生第一―常磐、樹徳―館林は東毛勢で4強を争う。群馬県で開かれる関東大会の出場権は例年より1枠多い上位3校に与えられる。

...    
<記事全文を読む>