高校野球の第69回県秋季大会第5日は17日、沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で2回戦5試合を行った。シードで2回戦から登場した本部は12―7で美来工科に勝利した。沖縄尚学は7―2で浦添商に勝ち、嘉手納は11―4で浦添工に七回コールド勝ち。普天間は8―1で那覇西に八回コールド、豊見城は9―1で豊見城南に八回コールド勝ちし、それぞれ3回戦に駒を進めた。第6日は21日に残りの2回戦8試合を予定している。  豊見城はエースの呉屋龍樹と主将の仲程幹がチームの流れをけん引し、勝利を導いた。  幸先良く初回に先制点をもらったが、マウンドに上がった呉屋は力が入りすぎ「制球がうまくいかなかった」とい...    
<記事全文を読む>