21日に開幕する秋季県高校野球大会の組み合わせ抽選会が17日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、出場35校の組み合わせが決定した。

 抽選会では、本抽選の前に県大会出場校によるシード校(A、Bシード)を選ぶ投票を行い、今夏の全国高校選手権に出場した花咲徳栄が最多の27票で第1シードに決定。21票で並んだ春日部共栄と昌平は再投票の結果、昌平が第2シードとなった。Bシードは春日部共栄と16票の浦和学院が選出され、抽選により、浦和学院が花咲徳栄ゾーン、春日部共栄が昌平ゾーンに入った。

 引き続き各校の主将が予備抽選順にくじを引き、秀明英光が花咲徳栄、草加が昌平、川...    
<記事全文を読む>