秋季兵庫県高校野球大会(神戸新聞社後援)第3日は15日、明石トーカロなど4球場で2回戦8試合があり、今夏の甲子園大会4強の明石商や、兵庫大会準優勝の神戸国際大付などが3回戦に進んだ。

 明石商は舞子に11-1の七回コールドゲームで快勝。神戸国際大付は8-3で川西緑台を退けた。滝川第二は延長十一回の末、6-5で三田松聖にサヨナラ勝ち。加古川南は6-2で柏原を下し、13年ぶりの16強入りを果たした。関学、六甲アイランド、市川、赤穂も2回戦を突破した。

 第4日は16日、姫路市ウインクなど4球場で2回戦8試合を行い、ベスト16が

...    
<記事全文を読む>