【第143回北信越地区高校野球福井県大会・1回戦 奥越明成5-10啓新】

 奥越明成は今春のセンバツ出場メンバーが残る啓新に健闘した。5点差を追いつき、エース明道健志の粘投などで終盤までがっぷり四つに組んだが、延長十一回に力尽きた。悔やまれるのは五回の攻撃。エースにまさかの走塁ミスが出た。

⇨組み合わせはこちら

 奥越明成は五回、4点を返した後、さらに1死一、二塁で土本士が左中間に三塁打を放ち、6―5と逆転したかと思われた。だが一塁走者だった明道がホームベースを踏んでいないとのアピールプレーでアウトになり結局、同点止まりとなった。

<記事全文を読む>