来年春の選抜高校野球大会につながる第72回秋季東海地区高校野球三重県大会は14日、県営松阪球場などで開幕。1回戦8試合があり、松阪、木本、三重、いなべ総合、四日市工、皇學館、伊勢、稲生がベスト16入りした。

木本は今年夏の三重大会準優勝の海星を4―1で退けた。0―0の六回、3番大川の足を生かして無死一、三塁の好機を作り5番村田の内野ゴロが敵失を誘う間に1点先制。さらに9番口地、1番德田の連続適時打でこの回一挙4点を奪った。

三重は終盤に得点を重ねて白山に7―0の八回コールド勝ちを収め先発の松山が8安打完封。いなべ総合は9―0の七回コールドで高田を下し、稲生は延長...    
<記事全文を読む>