秋季青森県高校野球選手権は第1日の14日、弘前市のはるか夢など県内3球場で1回戦6試合を行った。夏の甲子園に出場し地区予選を免除された八学光星は、夏の県大会4強の東奥義塾に3-10で八回コールド負け。2018年夏から4季連続甲子園出場の夢は絶たれた。同じく夏の県大会4強の青森商は13-2で八戸商を、5季連続の東北大会出場を狙う弘前東は9-5で八戸を破った。むつ工は百石を、五所商は三沢商を、青森は弘前南をそれぞれコールドで下した。第2日の15日は、2回戦8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>