第72回秋季東北地区高校野球県大会は14日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で開会式を行い、開幕した。

 同スタジアムで1回戦2試合が行われた。米沢商は敵失に乗じて山形南に食らいつき、延長戦での得点機をものにして6―5で勝利。山形商は好機にたたみ掛ける強打がさえ、長井を10―3のコールド勝ちで下した。

 1回戦に先立って行われた開会式では、新庄東の小松凌雅主将が「仲間と自分を信じ、最後まで高校生らしく爽やかに正々堂々とプレーする」と選手宣誓した。続いて県高校野球連盟の本年度奨励賞の表彰が行われ、今...    
<記事全文を読む>