開幕戦は終盤に打線が本領を発揮した郡山が会津学鳳を8―2で退けた。

 開幕戦の硬さが抜けないチームに貴重な先制点をもたらした。2回に2点適時打を放った郡山の鈴木真色(2年)は「開幕戦で勝つことできてほっとした」と笑みをこぼした。

...    
<記事全文を読む>