第72回秋季東北地区高校野球県大会は14日に開幕する。今夏の全国選手権に出場した鶴岡東と、県内4地区の予選を勝ち抜いた計24校が出場。来春の全国選抜大会につながる10月の東北大会(岩手県)への切符を懸けて熱戦を繰り広げる。優勝争いは甲子園を経験したメンバーが残る鶴東が軸になりそうだ。

 夏の甲子園でベスト16入りした鶴東は、昨年の1年生大会でも優勝し強さを見せた。夏の山形大会で準優勝し、投打の主力が残る山形中央などが続く。同大会で経験を積んだ1、2年生が多い東海大山形と山形工の試合内容にも注目が集まる。昨秋の覇者酒田南は3連覇を目指す。

 中...    
<記事全文を読む>